お金の借入と審査について

銀行や消費者金融などでローン、キャッシングなどの方法によりお金を借りる場合ですが、通常は申し込みだけでは終わらず、必要書類を提出したのちに、一定の審査があるものです。このような審査によって、実際にお金の借入ができるかどうかが決定し、審査にパスすることができた人だけが、正式な契約に至ることができるようになります。審査の内容については、それぞれの銀行や消費者金融によって細かい基準がまちまちであることに加え、公開してしまうと申告内容をいつわるなどの対策が講じられてしまうといったおそれがあるため、積極的に公開しているところはまずありません。

しかしながら、提出書類などからわかるポイントがいくつか存在します。たとえば、借入をする人の年収、勤務先、勤続年数、職種などといったものは、重要なポイントであるといえます。年収については、借入をしたお金を契約どおりに返済する能力があるのかどうかを判断する上で、直接的な指標となるのは当然といえます。そのため、著しく年収が低い場合には、審査をパスできない可能性があります。勤務先や勤続年数なども同様で、たとえば市役所や県庁のような、倒産の可能性がまずない職場であれば、返済能力にすぐれた優良な顧客であると判断できます。勤続年数についても、すぐに退職してしまうような人物ではないこと、このまま勤務しつづければ昇給したり、退職金がもらえることが明らかなことがわかりますので、やはり勤続年数が長いということは、それだけ有利ということになります。

最後の職種についてですが、正社員のサラリーマンは収入が安定しているいっぽう、自営業、個人事業主などは収入が景気などに左右されやすく安定しないことから、前者のほうがお金を借りる上では有利です。職種のなかでもアルバイトやパートについてですが、雇用形態として不安定であり、収入そのものも少ないため、場合によってはそれだけの理由で審査に落ちてしまうこともありますので要注意となります。