キャッシングサービスにおける借入限度額

近年人気の金商品の1つにキャッシングサービスと呼ばれるものがあります。最も一般的なものとしてはカードローンが有名です。金融機関ごとに様々な呼び名が存在していますが、基本的には専用のローンカードを使用して提携のATMからいつでも自由に現金を引き出すことができるという仕組みになっています。このサービスが他のローンと違い借りた資金の使い道について細かく設定されることがありませんので日々の生活費の足しとして気軽に利用することができるのです。また一度契約をしてしまえば、借入限度額の金額までであればいつでも自由にお金を借りたり返したりすることができます

非常に気軽に利用することができるという点が魅力の金融商品となっているのです。しかしながらこの借入限度額については、金融機関によって設定されるという仕組みになっていますので自分で希望を押し通すということができません。例えば消費者金融などの貸金業者でカードローンの契約をする場合には明確に法律によって上限金額が定められています。それは年収の3分の1を超えない金額を上限とすると言う明確な規定であり、消費者金融道が設定しているサービスの中から、その条件に見合ったものが設定されることになります。そのため借入限度額は年収に対してそれほど高いものには設定することができない仕組みとなっているのです。これは貸金業法と呼ばれる法律に明記されています。

一方銀行では銀行法と呼ばれる別の法律によって規定されています。しかしながら銀行では住宅ローンなどのように非常に大きな融資をすることもあるため法律によって明確な規定が存在しているわけではありません。しかしながら銀行の場合にも返済能力を超えた借入限度額を設定することはありません。そのため個別に相談して申し込みをするのが基本となります。 様々なサービスの種類がありますので、契約をする金融機関によっての違いをしっかりと確認をしておくことが推奨されます。