借入とはお金を借りること

借入とは金銭や品物を借りることですが、一般的にはお金を借りることを意味しています。しかし、借りるのは現金そのものだけではありません。銀行や消費者金融会社に行くと、受付にはパンフレットがずらりとならんでいるものすが、それらのほとんどもまた、借入の商品なのです。このような借入の商品にはさまざまなものがあります。カードローンやキャッシングもそうですし、マイカーローンやマイホームローンなどもすべて借入に含まれます。また、カードローンやキャッシングなら、借りたお金は何に使っても問題はありませんが、マイカーローンやマイホームローンなどは、マイカーやマイホームなどは用途を限定してお金を借りるということになります。(借入の予定がある方はこちら

さらに、借入と紛らわしいものにローンというものがありますが、この2つには違いがあります。前述のマイカーローンやマイホームローンなどは借入なわけですが、名称にあるように、同時にローンだということもできます。ローンは、マイカーやマイホームなどのように使用用途が限られているものによく使われます。また、担保の必要なものと担保の必要でないものがあり、金額の大きなものほど担保が必要となります。マイカーやマイホームも一般的には多額のお金を必要としますので、家や車を担保にしてローンを組んでいるわけです。しかし、その分、金利が安くなるというメリットもあるので、用途が決められている場合にはこのようなタイプのローンを選ぶと良いでしょう。金融機関から借入をする時には、きちんと返済できる見通しを立てるのは言うまでもありませんが、何の目的でお金が必要なのかをよく考えてから商品を選ぶことが必要なのです。そして、金利や借入限度額などは企業によって微妙に異なるものなので、どこから借入するかということも慎重に選ばなくてはなりません。また、どこの審査も通らず借入ができなかったからといって、ヤミキンに手を出すことだけは避けましょう。